教育費の為にはお金借りるな

教育ローンと言う金融商品があります。

要は子供の教育費のためにお金借りることなのですが、これは利用すべきではありません。

というのも、余程のことがない限り、子供が生まれれば、いや、生まれる前から、子供の教育費が一体幾らかかるのかといったことは見通せるものだからです。

従って、計画的にお金を貯めていれば、お金を借りるようなことはない筈なのです。

もちろん、一家の大黒柱に万が一のことが起こる場合もあるでしょう。

しかし、そのような場合に備えて学資保険というのもありますし、もちろん通常の生命保険だってあるわけです。

教育ローンの場合、最も必要となるのは子供が大学に入学したときになりますが、そうやってお金を借りたとして、返済する時期には、近年の晩婚化の傾向を鑑みると、親の世代が定年になる頃になってしまうことが多いのです。

従って、子供の教育費と言うものは、前広に、計画的に蓄えたり、或いは保険に入るなりして、準備することをお勧めします。